CONSTRUCTION 施工について

CONSTRUCTION
施工について

いい家をつくるためには
「現場管理」が重要なことなのです。

MESSAGE 家づくりの考え方

いい家をつくるために考えつくこととして、設計、職人、材料などを思いつくかもしれませんが、実は「現場管理」が重要なことなのです。
同じ設計図をもとに、家をつくったとしても、全く同じにはなりません。
これは現場管理者の能力による差が一つの要因です。細かなディテールを見抜く能力があれば、施工上の過ちを防ぐこともできます。
また、お客さまとの打ち合わせ内容が、現場に意思疎通されるかという大切な役割も担っています。
大手ハウスメーカーでは良くある、打合せは営業マン。設計は設計担当者。工事に入ると現場監督。これでは棟梁にうまく伝わらず、トラブルの原因に繋がります。
茂木設計では、設計から積算、打合せ、現場管理、アフターメンテナンスまで責任をもって担当スタッフが一貫するシステムです。
このため、お客さまと打ち合わせした内容が、現場へダイレクトに伝わります。
小さな会社のメリットを最大限に生かし、迅速に対応いたします。
そして家づくりにおいて大切なこと。それは、造り手だということ。
私たちが手がける家は、プレハブ住宅や企画住宅とは違い、一軒一軒違う手造りの家だということ。
木造建築において、大工というポジションは最も重要で、全ての家づくりにおいて基本(軸)となるのは大工です。
大工の技量によって、家づくりには大きな差が出てくるのです。
茂木設計では、熱い想いを持った棟梁をはじめ、腕の立つ職人が一棟一棟丁寧に建てていきます。
お客様の幸せを常に考えた、お客様目線の家づくりに妥協はありません。
日本の良き伝統文化を受け継ぐ職人が、プロとしての自覚と熱意をもち家づくりに真正面からぶつかっていきます。

CONSTRUCTION 施工についてCONSTRUCTION 施工についてCONSTRUCTION 施工について